【舌下免疫療法シダキュア体験記⑤】シダキュアからシダトレンに変えた副作用は?変化は?

舌下免疫療法を開始してから67日目経ちました。

 

今回は、シダキュア®からシダトレン®に変更して30日経ったところでの通院です。

 

ぷぅたん
では、さっそく今回の通院報告にまいりましょう♪




シダキュア®・シダトレン®に変更後の副作用について

わたしは、舌下免疫療法(シダキュア®)を2018年10月30日に開始しました。

 

その後、スタートから38日目に病院を変え、シダキュア®からシダトレン®に薬を変更した経緯があります。
>>【舌下免疫療法シダキュア体験記④】転院&シダキュア®からシダトレン®に変更した話

 

シダトレン®は、シダキュア®よりスギ花粉エキス原液の含量が少ない(※1)ので、少し残念に思っていたのですが、転院した病院の先生曰く、「そこはあまり気にしなくていい」ということだったので安心して薬を変えました。※1 単位はJAUで、シダキュア®は5000JAU。シダトレン®は2000JAUです。

 

エキス含量が少ないことが影響しているのかどうかは不明ですが、シダトレン®初日から一切の副作用は出ていません。

 

シダキュア®服用時は、かならず口の奥と耳の奥の激しい痒みがあったのですが、シダトレン®に変えてからはそれが一度も起きてません。
>>スギ花粉症治療【舌下免疫療法シダキュア体験記①】費用や薬価・効果等を公開していきます

 

なので、いまのところ、問題なしです。

シダトレン®を服用してみた感想

①時間が長くなってめんどくさい

シダキュア®に比べて、服用時間が伸びたのが少し面倒です。

 

シダキュア®は舌の下に1分間だけ置いておけばよかったのですが、シダトレン®は2分間です。

 

これが結構めんどうです。

 

なぜなら、シダキュア®・シダトレン®は朝に服用することが推奨されているので。

 

出勤前の朝の時間って、ゆっくりしている余裕があまりない人って多いと思うんですよね。

 

だから1分伸びただけで結構長いんですよ、時間経つのが。

 

②味が好きじゃない

シダキュア®は舌の下に置いておけば勝手に溶けるし、飲み込むときの味も取り立ててまずくはありませんでした。

 

というか、シダキュア®の味を覚えていないくらいです。

 

覚えていないくらい、シダキュア®の味は問題はなかったんだと思います。

 

ところが、シダトレン®はわたし個人の意見でいうと、少し気持ち悪い味がします。

 

ドロッ甘ったるく気持ち悪い

 

2分経って飲み込むときには、必ず顔が歪みます。

 

わたしは時間が伸びたことよりも、この甘ったるい味のほうが嫌かもしれません。

 

まずいのが嫌という意味で、はやく4月30日(※2)にならないかなぁと待ち遠しくなります。
※2 4月30日…シダキュア®は新薬で、薬事法によると4月30日までは2週間に1回の通院が必要。それが面倒なのでシダキュア®からシダトレン®に変えました。4月30日を過ぎたらシダキュア®は1か月分の処方が可能となります。その頃にまたシダキュア®に戻す予定です。

 

ぷぅたん
個人的にはやはり、シダキュア®のほうがいいなと思いました。

 

常温保存が可能だし、時間も短いし、スギエキス含量が多いし、なんといっても味がまずくはないので。

 

毎日摂取するものなので、やっぱり味って大切だと思います。

 

なので、

 

今年2019年4月30日以降に舌下免疫療法を開始する人には、シダキュア®を強くお勧めします

スポンサーリンク

シダキュア®に比べてシダトレン®のいいところ

さきほどは、シダトレン®のいまいちなところをお話しました。

 

でもひとつだけ、シダトレン®、ナイス!なことがあります。

 

それは…。

 

ぷぅたん
シダトレン®を77日分も処方してくれたこと!

 

本日2019年1月4日の通院は、シダキュア®からシダトレン®に薬を変えて一か月経った頃の体調を確認するための通院でした。

 

続けることに問題ないと判断した先生は、次の通院日の予約を3月22日にしてくれました。

 

わたしは、1か月に1度の通院が必要だと勝手に思っていたので、これは本当にありがたい!

 

おかげでこのあと2か月以上も病院に行かずに済みます。

 

ただ、その間には花粉シーズン到来です。

 

本来ならば、その頃はそんなに症状も出ないはずと言われましたが、稀にすぐには抑え込めない人もいるということで、効果にはやはり個人差があるようです。

 

念のためにザイザルも多めに40日分処方してもらいました。

 

シーズン中は病院も混むので、頻繁に通院しないで済むのはありがたいです。

 

ちなみに今回もやはり、ネブライザー治療はなかったです。

 

前のクリニックは毎回、患者の意思に関係なく強制的にネブライザー治療をやらされていました。

 

クリニックと病院の治療方針の違いなのか…???

 

耳鼻科のクリニックは、患者の意思は関係なくネブライザー治療を勝手受けさせるものなのかしら…。

 

どなたかご存知の方いらしたらコメント欄から教えていただけたら嬉しいです。

シダキュア®とシダトレン®の違いをおさらい

シダトレン®はシダキュア®よりも4年ほど早い2014年10月8日に発売されたスギ花粉症の舌下免疫療法薬です。

  シダトレン® シダキュア®
発売時期 2014年10月8日 2018年6月29日
薬の形態 液体 錠剤
保存方法 冷蔵庫 常温
服用可能年齢 12歳以上 5歳以上
服用方法 舌の下に置いてから2分待つ 舌の下に置いてから1分待つ
JAU 2,000 5,000

シダトレン®

シダトレン®

シダキュア®

シダキュア®

シダトレン®は液体で、シダキュア®が錠剤です。

 

常温と冷蔵保存という違いがあります。

 

あと、シダキュア®の方がシダトレン®よりもエキスの濃度が高いです。

シダキュア®服用に便利なアプリ

鳥居薬品から発売されてるアレルゲン免疫療法薬

「シダトレン®(スギ花粉症)」

「シダキュア®(スギ花粉症)」

「ミティキュア®(ダニアレルギー性鼻炎)」

の服用をサポートするサイトです。

 

PC版やスマホ版アプリもあります。

 

私も使ってます。

 

今回わたしは、設定をシダキュア®からシダトレン®に変更しました。

 

シダキュア®に戻したときは、以前の情報が引き継がれるということなので安心ですね。

鳥居製薬シダキュア服用サポートアプリ(iPhone版の画面)

 

服用忘れを防ぐ通知機能や、服用時間1分間タイマーや、服用中の1分間時間潰しゲームがあったり、日記に記録できたり、通院予定日を入力したり、グラフで確認できたり…かなり便利です。

 

SLITアプリのiPhone版インストールはSLITサポート – Torii Pharmaceutical Co.,Ltdからできます。

 

パソコン版やandroidはこちらからも可能です。

 

ただ使ってみて気になるのは、日々のちょっとした変化とか、気づいたこととかを自由にメモできる『メモ機能』と、飲み始めて何日目なのかを確認できる『服用日数』が確認できると嬉しいなと思います。

シダキュア®シダトレン®の服用を快適に

シダキュア®シダトレン®の治療を始めると、短くても3年は毎日1錠の服用が日課になります。

 

長いお付き合いですね。

 

私は頭痛外来も月1で通っており、ちょっと通院スケジュールが煩雑になってきました。

 

そんなわけで、もらった薬や通院記録、領収証の整理、診察券やお薬手帳の管理が簡単にできるようにまとめてみました。

 

その際にとても便利なのが、おくすり手帳ケースです。

通院時にこのケースを1個持てば、診察券もお薬手帳も忘れることはありません。

 

その中に、小さな手帳(ダイアリー)を頭痛とシダトレン®用にわけて、一緒に入れておきます。

 

手帳(ダイアリー)に、通院記録や症状などを書き込んでおき、診察の時に先生に報告できるようにしてあります。

 

ちょっとした変化も書き込んでおくことでとても有益な情報になります。

 

年間10万円を超えた医療費は控除の対象となるため、領収書の管理のために100均でファイルを2冊(頭痛用とシダトレン®用)買ってきて、その中に、もらった領収書や薬局からもらった薬の説明書等を種類ごとに分けて管理しています。

 

更にもうひとつ100均でプラスチックの書類ケースを購入し、その中に全部これらのファイルや手帳や薬をぶちこんでおくだけで、管理がとっても楽になりました。

 

数年間の長期に渡る治療生活なので、情報や体調管理もしっかりやっておかないと、すぐにわけがわからなりそうなので、専用ケースを1個つくりました。

 

もちろん、普段目につくところにケースをおいて置くことで存在感も出て、服用忘れを防ぐ自己防衛にもなってます。

舌下免疫療法シダキュア®3回目の通院費用は?

さて、今回で5回目の通院となりました。
(転院して2回目ですが通算でカウントします)

 

今回かかった費用は…

 

病院の診療費    420円

処方薬の費用   4,850円

合計       5,270円      

でした。

 

今回はシダトレン®77日分とザイザル40日分の処方で、かなり量が多かったので少し高くなりました。

 

とはいえ、このあと2か月以上も通院の必要がないのでトータル費用としてはあまり変わりませんが。

舌下免疫療法シダキュア®開始からかかった費用の合計

というわけで、これまでで通院5回分でかかった費用の総額を確認します。
(転院して2回目ですが通算でカウントします)

 

合計 14,040円

です。

 

※私はたまたま初回にアレルギー反応テストを行わずに開始できたので、本来だとここにアレルギー検査代(約4,000円前後)が含まれることもあります。

まとめ

病院を変えて2回目の通院の報告でした。

 

先生から「日本一早くて、日本一正確な花粉情報を載せているサイトがあるよ」と紹介してもらいました。

 

でも東京都内の情報に限るようです。

 

↓情報をみなさまにもおすそ分けしますのでよろしければどうぞ☆
https://endo-jibika.com

ぷぅたん

次の通院日は3月22日なので、当分は病院のことを考えずに済むのは嬉しいです♪

次回も、よろしくお願いします。

↓↓↓この記事が少しでもあなたのお役に立てたなら、ポチっとしていただけるとうれしいです
にほんブログ村 病気ブログ 花粉症へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク














コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください